前へ
次へ

高齢の医師に診てもらうのは不安に感じる

自営業には定年がありません。
何歳でも体が続けば行えるでしょう。
仕事によっては資格など

more

感謝の気持ちを持つことはとても大切なことである

先日祖父は肺炎を拗らせて入院をして症状がかなり悪かったので心配したのですが、医師の腕が良く何とか回復

more

名医図鑑を見ると名医を探せるのか

大きな病気にかかって手術をしないといけないとき、いろいろな医療機関で診てもらったが中々治療が進まない

more

薬をたくさん出す医者はいい医者なのか

病気の治療において多く行われるのは投薬かもしれません。
通院の時には医師が処方箋を作成してくれ、それを調剤薬局に持って行くと薬が買えます。
それを飲んでいれば治るのでしょう。
ただ医療機関や医師によって同じ病状なのに薬の量が異なるときがあります。
多く出す医師もいれば少ない医師もいるようです。
それぞれの病気にはある程度どんな薬を投与すると良いのかが決まっています。
感染症などだと抗生物質などがありこちらは必須の薬になるでしょう。
一方風邪等は特効薬はありません。
熱を下げたり下痢を抑えるなどの症状を抑えるための薬で、あまり飲み過ぎると風邪自体が治りにくい時もあります。
薬は病気を治すために必要ですが、だからと言って飲むのに困る種類の薬を出す医師は良くないかもしれません。
副作用を軽減するための薬などもあり、必ずしも必要でないものもあります。
ただ患者の中には薬を飲むことで心理的に安心する人もいます。
医師によっては医療効果のない偽薬を渡して心理的不安を取ろうとする人もいます。

めぐみ耳鼻咽喉科では耳や鼻の不調に対する幅広い診療を行っております

子供のことばが遅れている…そんな行動が気になる親御さんへ

審美+虫歯治療をお届けする歯医者

大阪マウスピース矯正センター

Page Top