前へ
次へ

医療費を減らせる高額療養費制度

日々の暮らしの中で様々な病気になってしまう事は誰しもが経験する事ですが、病気の深刻度も人それぞれです。
例えば、風邪や頭痛程度ならば病院に行かずとも市販薬を服用すれば治る事も多いですが、手術が必要な深刻なレベルの病気や怪我に見舞われてしまった場合は病院を利用するしかありません。
当然ながら病院に行けば、専門の医師や看護師による手厚いケアを受けられるので、様々な病気や怪我を治す事も難しくありません。
しかし治療が完了した後に発生する高額の医療費にびっくりしてしまうケースも少なくないのです。
怪我や病気の大きさによって入院期間等も変わり、その期間が長ければ長い程に医療費も高額になっていきます。
因みに医療保険を利用する事で3割負担まで医療費を減らせますが、元の額が高額であれば3割でも中々の負担になってしまいます。
そんな時に役立つのが、高額療養費制度であり、これは医療保険で安くなった医療費を更に低額にしてくれる制度です。
仕組みとして所得によって自己負担の上限額が変わってきまして、住民税非課税の方が一番医療費の自己負担を減らす事ができます。

Page Top